延岡の百物語

其の十 「闇からの電話」


私の体験話なのですが、

何年か前ですけど、

私が夜川島の火葬場のトンネル手前を

車で走っていたら・・・

突然携帯が鳴り出してすぐ切れたんです。

「誰からかなぁ~?」と思い

携帯の着信履歴を確認してみたら・・・

な~んも履歴がなかったんです!?

確かに着信があったのに?!

もうその時は心臓がバクバクもんでした。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

12345 (1 投票, 平均点: 1.00)
Loading...

↑ぜひ★を付けて応援してください。(★好き~★★★★★大好き)
のべおかんの全ページに広告を掲載できます!月3,000円~ぜひご検討ください!

関連記事

  1. 其の五 「方財の浜に埋まっていた女の霊」
  2. 其の三 「天井の隅の顔」
  3. 其の十一「霊の集まる場所」
  4. 其の四 「火葬場」
  5. 其の十五 「ピョンマ」
  6. 其の十八 「凍える女」
  7. 其の八 「自縛霊」
  8. 其の一「ゆうれい ゆうれい」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP