延岡の百物語

其の六 「エスカレーターでの不思議体験」


【語り:名無しさん】

寿屋の入り口から入ってすぐにあるエスカレーターで上のフロアに上がっても上がっても、同じフロアにしかつかなかった。

何度乗っても辿り着くのは同じフロア。

10回以上乗ったのに同じフロア、寿屋って9階建てでアズマヤ側は6階までしかエスカレーターないのに。しかも着いた先々には誰も居なかったというおまけつき。

「?」と思いつつも面白がって何度も乗ってたんだけど、どっか逝ってたかも。
開店時刻に行ったのに、寿屋を出たら夕方だったし。

足下のフロア表示は確認したし、何よりアズマヤ側のエスカレーターって上に上がり続けるのに、すぐ上りのエスカレーターって訳じゃなく一旦そのフロアを移動しなくちゃならんかったでしょ。

まぁ、昔から視える人だったんで(汗)、連れて逝かれなくてよかった。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

[記事公開日]2010/12/22
[最終更新日]2014/05/10


12345 (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

↑ぜひ★を付けて応援してください。(★好き~★★★★★大好き)
のべおかんの全ページに広告を掲載できます!月3,000円~ぜひご検討ください!
掲載している情報の詳細はお店にご確認ください。

関連記事

  1. 其の十九 「赤い鎌男」
  2. 其の十八 「凍える女」
  3. 其の九 「赤水のペンション」
  4. 其の五 「方財の浜に埋まっていた女の霊」
  5. 其の十七 「バックモニターの女」
  6. 其の四 「火葬場」
  7. 其の十五 「ピョンマ」
  8. 其の十 「闇からの電話」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


更新履歴

カテゴリー

PAGE TOP
Translate »