製造業・建設業

史窯


五ヶ瀬川のほとりにある史窯。
見ためにも美しい色使いに特徴のある青白磁(せいはくじ)を中心に、生活食器を制作しています。
青白磁は釉薬が文様の溝にたまって青みを帯び、美しい水色に見えるのが特徴で、透明感のある繊細でかつ上品な色あいは、既製品ではなかなか目にすることのできない作品です。 
土を原料とする陶器と違い、磁器は主に石の粉末を練ったものが主原料。
土のように粘生も弱いため形を形成するのには技術が要され、ましてや手作業ともなると、かなりの熟練技が必要とされるのです。

 

しかし制作に手間暇かかる半面、磁器はかなりの高温で焼かれるため、陶器より硬く引き締まり、陶器よりも丈夫で破損しにくく、毎日使う食器としては最適なのです。
実際に料理をしていて「この料理はこういった器がいいかな…」とか
果物のきれいな色つや、やわらかな曲線を見て、思わずさ触ってみたくなるような器を作りたいなど、作者自身が日々の生活の中から得たヒントからイメージを広げ、まずデッサンに起こしてからしてから作品づくりが始まるそう。

 

生産者概要

史窯
延岡市本小路3-1
TEL:090-5746-1293


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

[記事公開日]2011/04/08


12345 (まだ評価されていません)
Loading...

↑ぜひ★を付けて応援してください。(★好き~★★★★★大好き)
のべおかんの全ページに広告を掲載できます!月3,000円~ぜひご検討ください!

関連記事

  1. 株式会社 中仙(ナカセン)
  2. 三協システム
  3. 檜窯(ひのきがま)
  4. 有限会社 林田石材
  5. 多田畳店
  6. 岸上蒲鉾 株式会社(本社)
  7. ヒラヌマ建材株式会社
  8. 株式会社 加行建設

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP