延岡の百物語

其の八 「自縛霊」

ちょうどテニスのクラブハウス正面の駐車場かな池の近くやったと思います。


土曜日の夜中に日向方面に車二台でドライブに行く為に友達と待ち合わせで 止めて待ってたんです。
 

当時かなりの土砂降りでした、今はどうかわかりませんけど 暗くてちょっと不気味な感じでした。


しばらくするとついウトウトと眠くなって きたんですね、隣には友人がひとりいててその友人も眠りたかったようです。

まぁ友達が車でくるから起こしてくれるやろうと思って眠ってしまったわけです。
 

しばらくして隣の友達が声も出さずに手で起こされて 屋根に指を指していたからなんやろうって思ってたら ガラスサンルーフにぴったりと顔をつけてこちらを睨んでる女の人がいたんです。

その時もかなりの土砂降りですよ、急に起きて正面のフロントガラスには足が・・・

そう
屋根の上にへばりついていたんですね。

それ以来二度と夜には行けませんでした 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

[記事公開日]2010/12/22
[最終更新日]2014/05/10


12345 (1 投票, 平均点: 1.00)
Loading...

↑ぜひ★を付けて応援してください。(★好き~★★★★★大好き)
のべおかんの全ページに広告を掲載できます!月3,000円~ぜひご検討ください!

関連記事

  1. 其の十九 「赤い鎌男」
  2. 其の九 「赤水のペンション」
  3. 其の十二 「公衆電話」
  4. 其の十一「霊の集まる場所」
  5. 其の十 「闇からの電話」
  6. 其の十七 「バックモニターの女」
  7. 其の十四 「ある神社の話です・・・」
  8. 其の十五 「ピョンマ」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP