延岡の百物語

其の七 「カセットテープ」


私が高校生だった頃、友人からあるカセットを聞かせてもらいました。

それは、あるラジオ局で「実際にあった恐怖体験談」です。


何人かで聞いて「みんなで廻して聞こう」ということになりました。


何人か廻った時に聞いた本人達から
「友達とテープを聞いて終わった後、部屋の電球がいきなり「パン」って切れた」
「聞いてる時に何か人気を感じ窓を見たら、無数の手があった」との体験をききました。
 

そろそろ自分の番だなぁと思っていましたが、なかなかテープが廻ってきません。


友人達に聞いても「知らない」「廻ってきてない」との返事ばかり。
 

もう十数年経ちますが、今だそのテープがどこにあるのか判りません。
 

テープの内容は「自転車に乗ってたら急にペダルが重くなって後ろを見たら・・・」


っていう内容と
 

「兵隊さんの幽霊」とありきたりの内容しか覚えてません。


ラジオ局も宮崎の局でなく九州のどこかの局だったような(福岡?)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

[記事公開日]2010/12/22
[最終更新日]2014/05/10


12345 (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

↑ぜひ★を付けて応援してください。(★好き~★★★★★大好き)
のべおかんの全ページに広告を掲載できます!月3,000円~ぜひご検討ください!
掲載している情報の詳細はお店にご確認ください。
 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


検索されたキーワード

カテゴリー

PAGE TOP
Translate »