延岡の百物語

其の十七 「バックモニターの女」


その日私はいつもの様に仕事を終え
 
帰り支度を始めたのですがどうにも落ち着かない、
 
観音開きの後部ドアが何故か気になるのです、
 
『ん?何かなぁ?』と思いながらも片付けしてましたが
 
何とも変な間でした、
 
『こんな夜は気を付けて帰らないとね!』
 
と言い聞かせ運転席に座りました、
 
エンジンを掛けてバックギアを入れたんですが
 
何とバックモニターの中には
 
 
手を合わせた女の人が立っていました。
 
今思い出してもゾッとする瞬間でした。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

[記事公開日]2012/08/10
[最終更新日]2015/02/27


12345 (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

↑ぜひ★を付けて応援してください。(★好き~★★★★★大好き)
のべおかんの全ページに広告を掲載できます!月3,000円~ぜひご検討ください!
掲載している情報の詳細はお店にご確認ください。

関連記事

  1. 其の九 「赤水のペンション」
  2. 其の十二 「公衆電話」
  3. 其の四 「火葬場」
  4. 其の五 「方財の浜に埋まっていた女の霊」
  5. 其の十六 「赤い少女」
  6. 其の十 「闇からの電話」
  7. 其の十八 「凍える女」
  8. 其の八 「自縛霊」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP
Translate »