延岡の百物語

其の十六 「赤い少女」


あれは、今から約○年前でした…

当時私は、某小売業に勤めておりました。
店舗は松山にあり、入社したてのルーキーだった私は、毎日朝から晩まで、へとへとになるまで働いておりました

ある、蒸し暑い夏の日の事でしたが、いつものように閉店時間をむかえ、店舗入口のシャッターを降ろし、閉店作業をしていると、視界の端に、ふと人影が

『あぁ、まだお客様いらっしゃったんだ。しまったなぁ、シャッター確認せずに閉めてしまったよ』と、思い、
「いらっしゃいませ、こんばんは」
と、いつもの挨拶を投げ掛けました。

しかし、返事はありませんでした。
いえ、それどころか、先程視界に捉えたはずの人影も、むしろ気配さえありませんでした。

『ありゃ?もしかして店長か?』
そう思い、事務所に向かおうとした時でした。

「パタパタパタッ…」

誰かの足音が、
『えっ!?』
今の売り場には、私しかいないはず…

再び、「パタパタパタッ…」

明らかに誰か、いえ、ナニカがいる!
頭でそう考えた瞬間でした

「クスクスッ…」

空耳ではありません、確かに、少女の笑い声がしたのです!

しかも、私は振り返りもしていないのに、彼女が私の背後にいるのがわかりました

何故か、見えるはずも無いのに、赤い服を着た、黒髪の少女とわかったのです

彼女は、じっと私を見ていました(その時、私は立ったまま金縛り状態だったので、振り返る事も出来なかったのですが、何故かそうわかりました)

5分、いや3分ぐらいだったのかもしれません

時を刻む時計の秒針が、やけに大きな音に聞こえました。

「お~い、がん君、終わったかい?」

店長が事務所から出て来ると同時に、金縛りは解け、彼女もいなくなってしまいました

後日、当時の店舗仲間、及び搬入業者さんから聞いたのですが、あの店舗では、度々そういった体験をする方がおり、(ある人は階段昇ってる時に、足首を掴まれ、滑り落ちたそうです)
特に夜中に搬入する業者さんの中では、行きたくないっ!!って位に評判だったそうです。

ちなみに皆さん口を揃えて、女の子だった!、とおっしゃいます

今は、別の業種の方の店舗になっていますが、前の道を通ると、まだ思い出します

金縛りにあっていた時に聞こえた言葉、「クスクスッ、こっちだよ…」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

[記事公開日]2010/12/22
[最終更新日]2014/05/10


好き大好き大大好き超好き最高! (1 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

↑ぜひ★を付けて応援してください。(★好き~★★★★★大好き)
のべおかんの全ページに広告を掲載できます!月3,000円~ぜひご検討ください!
掲載している情報の詳細はお店にご確認ください。
 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP
Translate »