延岡の百物語

其の十五 「ピョンマ」


これは岡富中学校時代に代々受け継がれた話です(1965生まれ)

岡中の正門の反対側に堤防があります。通称:岡中堤防と言いますが

そこを夜自転車で通る時に・・・

自転車の荷台が急に(ああ、私自身寒気が)重くなってくることがあります・・

・ 後ろに誰か乗ったような

しかし、後ろを振り向いても誰もいません・・・

おかしいな、と思いながらペダルを漕いでいると

また、ぐいーんと重くなって・・・

振り向くとピョンマと呼ばれる化け物がいるのです

ピョンマは耳が尖って長く、口が頬まで裂けている・・・

(ちょうど口裂け女がはやった頃です・・・ちなみに私は松井会館の前で小学4年ぐらいの時に友達と3人で口裂け女を見ました。自転車に乗って後ろにかわいい子供を乗せていました・・・しかし、そのときの友達は覚えてないといいます)

そんな話をよくきりこという女の子がしていました

でも、25年も前の話なのでちょっとうろ覚えなのです・・・

きりこも千葉かどっかにいるらしくて、きりこに聴いても 果たして憶えているかどうか・・・


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

12345 (2 投票, 平均点: 5.00)
Loading...

↑ぜひ★を付けて応援してください。(★好き~★★★★★大好き)
のべおかんの全ページに広告を掲載できます!月3,000円~ぜひご検討ください!

関連記事

  1. 其の四 「火葬場」
  2. 其の二 「呪いのビデオ」
  3. 其の六 「エスカレーターでの不思議体験」
  4. 其の十二 「公衆電話」
  5. 其の十 「闇からの電話」
  6. 其の八 「自縛霊」
  7. 其の十八 「凍える女」
  8. 其の一「ゆうれい ゆうれい」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP