延岡のイベント

延岡発祥「橋の日」8月4日


橋の日(8月4日)提唱者 湯浅利彦さん

橋の日イベントは、橋と触れ合うことで河川・自然・郷土愛を深めようと湯浅さんの提唱に今山大師の野中玄雄住職らが賛同して昭和61年8月4日に延岡市安賀多橋で始まった。

平成6年/ 日本記念日協会が8月4日を「橋の日」に認定した。
 
 

【動画】

 
 

【写真】

◎写真

◎写真

◎写真

 
 

【橋の日の目的】

・8月4日(ハシ)を「橋の日」と定め、私たちの郷土の心のイベントとします。
 
・私たちの生活と文化に、密接なかかわりを持つ川や橋に感謝し、橋や河川とのふれあいの日にします。
 
・郷土を愛する心と河川の愛護・浄化への関心を育みます。
 
・「橋の日」を通して、多くの人達との心のかけ橋をつくり、「橋の日」を全国的運動に発展させます。
 
・毎年8月4日に宮崎市の橘橋北詰めにてさまざまな催し物 や広報・啓発活動を行い、「橋の日」制定運動を

・展開しています。橋の日制定の経緯についてはこちらをご覧ください。
 
 

【記念歌】

「橋の日」テーマソング
 
■「橋の日」の歌(川・橋・そして人)
作詩:湯浅 利彦 作曲:斉藤 正浩 歌:大城 光恵
 
夏の日差しが まぶしくて キラリキラキラ 光る川
あの川 この川 夢の川 やさしい流れ 美しく
住みよいまちを 育てます
それは あたたかい 母のよう 母のよう
 
まちとまちとを 結ぶ橋 人と人との 出会い橋
あの橋 この橋 夢の橋 朝昼夜と たゆまなく
住みよいまちを 育てます
それは たくましい 父のよう 父のよう
 
皆でうたおう 晴れ晴れと 空にとどけよ 地の果ても
あの町 この町 夢のまち 希望に満ちた 人々の
ふれあう心 虹の橋
それは 素晴らしい 懸け橋ね 懸け橋ね
 
 
第20回延岡「橋の日」記念歌

■大瀬川
作詞/ 湯浅利彦

キラ キラ キラ キラ キラ キラ
キラ キラ キラ キラ キラ キラ
美しい流れ 大瀬川(大瀬川)
岸辺の遊ぶ 子供達
岸辺に憩う お年寄り
人びとふれあう
楽しい川は
住みよい都市を育てます
ふるさとの ふるさとの
友なる川 大瀬川
 
サラ サラ サラ サラ サラ サラ
サラ サラ サラ サラ サラ サラ
美しい流れ 大瀬川(大瀬川)
川面はみどり 山映えて
川面に跳ねる 鮎の群れ
自然のめぐみ
豊かな川は
住みよい都市を育てます
ふるさとの ふるさとの
母なる川 大瀬川
 
 

【情報】

2017年8月4日 テーマ「」西郷どんも牧水もひたる川風橋のまち! 32団体や一般の計350人が参加
2013年8月4日 テーマ「「橋」「川」「水」「道」・・・水郷延岡、心豊かに大感謝」場所/安賀多橋北側の河川敷や南側の堤防など

2012年8月4日 安賀多橋北川河川敷集合、6:00~7:30 安賀多橋 橋上及び河川敷除草清掃。東日本大震災及び物故者の慰霊祭も執り行われました。

HP/ http://www.hashinohi.jp/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

[記事公開日]2013/07/30
[最終更新日]2018/08/06


12345 (4 投票, 平均点: 4.00)
Loading...

↑ぜひ★を付けて応援してください。(★好き~★★★★★大好き)
のべおかんの全ページに広告を掲載できます!月3,000円~ぜひご検討ください!
掲載している情報の詳細はお店にご確認ください。
 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP
Translate »