延岡のイベント

10月18日  うまれる上映会in延岡


やっと延岡での上映会を開催することができます!
【うまれてくれて、ありがとう!キャンペーン】

日時/ 2014年10月18日(土)13:30~21:00 全3回上映

1回目 13:30~15:14
2回目 16:00~17:44
3回目 18:30~20:14

入場料/ 999円(前売りチケットの方のみ簡易なパンフをお配り予定)

★お子さまと一緒にいらしていただいた場合、18歳未満の子どもは入場無料!!!

★★お子ちゃま同伴OKのママさんタイム 〜子どもと一緒に映画を観よう!〜  すべてに適用します!

※託児所の準備もしていますので安心して映画を楽しまれてください。

★★★今回の延岡上映は「うまれてくれて、ありがとう!キャンペーン」に参加しています。
子供さんと一緒にご来場される方は子供さんに対する手紙を持参いただき、映画を観終わったあとに子供さんにお渡しください。ルールです。

映画『うまれる』は、「子供は親を選んで生まれてくる」という胎内記憶をモチーフに、命を見つめる4組の夫婦の物語を通して、【自分たちが生まれてきた意味や家族の絆、命の大切さ、人との繋がりを考える、ドキュメンタリー映画】です。

妊娠・出産・育児、流産・死産、不妊、障害など『うまれる』ということを幅広く捉える事で、親子関係やパートナーシップ、男性の役割、そして『生きる』という事を考える・感じる内容になっております。

重いテーマだと思われるかもしれませんが、とても前向きで明るいストーリー展開となっていますので、観終わった後は温かい気持ちになっていただけるのでは、と思っています。
映画をご覧いただいた方々からは「当たり前だと思ってたけど産まれる事・生きる事って凄いんだ」、「育児に疲れてしまっていたけれど、子供が産まれてきてくれた事に心から感謝するようになった」「離婚寸前だった夫婦関係が改善した」、「両親と仲直りするきっかけになった」、「子供をいらないと言っていた妻が”子供が欲しい”と言ってくれるようになった」など数多くの感想が届いております。

また、作家の【乙武洋匡】さん、元少子化対策担当大臣の【小渕優子】さん、女優の【鶴田真由】さん等、多くの著名人の皆さまから絶賛のコメントをいただいております。

※ 有名人のコメントについてはコチラのページより
【家族は大切だ、命はかけがえがない、という事は、誰でも頭では分かっている】と思います。しかし、日々の生活の中で、どうしても「当たり前のこと」のように思えてきてしまいます。

それは、【大切な事を「心で感じる」機会が少ない】からではないかと私たちは考えています。涙と共に心の底から、そして細胞の一つ一つに伝わる機会があれば、現在の、そしてこれからの悲しい事件や親子の諍い、育児ノイローゼそして自殺や鬱、ひきこもりなどの解決への足がかりになるのではないかと確信しています。

【映画『うまれる』がそのきっかけに】なることを切に願っております。

映画『うまれる』  企画・監督・撮影
豪田トモ (映画公開と同時に一児の父に)

概要
製作年・・・2010年
上映時間・・・1時間44分
色・・・カラー
スクリーン・サイズ・・・ビスタサイズ(16:9)
サウンド・・・DTSステレオ
企画・監督・撮影・・・豪田トモ
プロデューサー・・・牛山朋子
ナレーション・・・つるの剛士
コメンテーター(出演者)・・・大葉ナナコ、池川明、鮫島浩二、岡井崇、見尾保幸、吉村正
(日本を代表する産科医・お産のエキスパートの方々です)
『うまれる』教育版 文部科学省選定(社会教育/成人向け)

映画「うまれる」公式ホームページ
http://www.umareru.jp/umareru/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

[記事公開日]2014/09/21
[最終更新日]2014/10/23


好き大好き大大好き超好き最高! (3 投票, 平均点: 4.00)
Loading...

↑ぜひ★を付けて応援してください。(★好き~★★★★★大好き)
のべおかんの全ページに広告を掲載できます!月3,000円~ぜひご検討ください!
掲載している情報の詳細はお店にご確認ください。
 

コメント

    • のべおかん
    • 2014年 8月 31日

    はやくもチケットの問い合わせが今1件ありました!
    今週末には試写会を開催します。
    私は試写会用に送られてきてDVDを観ました。
    1回目、あれ?なぜか観終わった後、ピンときませんでした。
    そして昨日再度、映画を観ました。
    2回目はすごく感動しました!
    どうして1回目にはピンとこず、2回目で感動してと思いますか?



    私の悪い癖のせいです。
    私は映画やドラマを見る時にパソコンの作業をしながら大抵観ています。
    それでもおおまかな内容はわかるのです。
    でも言葉を聞きのがしたり、大事な場面を見逃したりはあります。
    しかし!
    この映画は「ながら」観は絶対にダメだと身をもって感じました。
    感動した2回目はなにもせず映画に集中して観ました。
    すると、言葉ひとつひとつがすごく大事で感動的なのです。
    1度観ているのに、こんな言葉言ってたっけ?こんな場面あったっけ?
    という具合です。
    最初から最後まで感動の場面がたくさんあります。
    大事なメッセージもたくさん、いたる場面にこめられています。
    ぜひ真剣に(私のように観てはダメです)観ていただけたならきっと
    感動し、今より優しくなれ、子供との距離も縮まるはずです。
    ぜひ、たくさんの方に観てもらいたいです。

    この映画では良い歌がたくさん収録されています。
    ナレーションのつるの剛士さんの声も最高です!!

    • 鈴木由紀
    • 2014年 9月 04日

    「うまれる」のHPには、たくさんの情報や見た方の感想があります。
    是非、そちらもご覧いただき「うまれる」を見に来ていただきたいです♫

    10月18日・・・皆で温かい気持ちを共有したいですね~☆彡

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

PAGE TOP
Translate »